不動産売却での必要書類は権利や売主の情報

不動産売却での必要書類は権利や売主の情報

家の掃除イメージ

不動産売却では、もちろん売買契約書を元に取引が行われます。でもそれだけではありません。契約が決まれば、そのほかにも売主のことを示す書類が必要になり、権利書など権利に関わる情報がある書類を提出となります。

 

売主のことを証明するための書類を用意

契約成立

例えばお店で商品を購入するとき、大手の会社などだと安心できますよね。少額のものなら個人商店などでもそれほど気になりませんが、高額のものとなると、それを売る資格がある人かどうか知りたい場合もあるでしょう。

 

不動産は高額の取引で大事な資産ですから一般的には契約書をかわします。

不動産売買の契約が成立したら契約内容を記載した書面を、宅地建物取引士の記名押印したものを交付することが義務づけられています。

 

売却の時の必要書類として、売主のことを証明する書類が必要です。
身分証明書、住民票なども用意が必要です。。契約書には実印を使いますから、印鑑証明書も一緒に提出する必要があります。公的機関から発行してもらうものには有効期限があるので、期限に余裕があるものを用意した方がいいでしょう。

 

権利に関わることが分かる書類が必要

よくドラマなどで、借金の返済の代わりに住宅やお店の権利書を出すように迫るシーンがあります。では権利書とはどんなものでしょう。

 

住宅においては、登記済権利書と呼ばれるものがあり、こちらが住宅の権利を示す書類になります。不動産売却をするときの必要書類の一つになるので、準備をしておいた方が良いでしょう。

 

登記をしたときに、登記の名義人に公布されます。誰にでも交付されるわけではないので、この書類を持っているかが重要になります。同じ意味を持つものとして、登記識別情報があります。売買契約が完了した時にはこれらを買主に渡し、買主はそれを元に所有権の移転を行うことになります。

 

不動産のことを希望者にアピールしやすい書類

記事のイメージ画像

自分の不動産のことは自分自身が良く知っています。そのための資料もあるでしょう。

一方、新たに買おうとしている人はほとんど情報がありません。登記情報などから自分で探せるものもありますが、工事の設計図などは持っていないでしょう。不動産売却時に持っておくと良い必要書類に、土地や建物がわかる書類があります。

 

具体的には、土地測量図、境界確認書、建築確認済証などです。これらがないと売却できないわけではありませんが、希望者にアピールする為の資料として使うことができます。価格交渉においても、これらの資料があると信用してもらいやすくなります。売却価格を決める参考資料にもなります。

 

まとめ

不動産売却をするときの必要資料として、最も重要と言えるのが権利に関する書類でしょう。これを元に買主は権利の移転を行います。その他、売主を証明する書類や、交渉時にアピールをするための書類などがあります。

 

 

無料査定サイトのおすすめ1位で査定額をチェックしてみる

イエイ不動産売却査定

イエイ査定サイトのポイント
  • 2007年からの老舗で業界最多の登録社数
  • 1000社以上の厳選会社から選んで無料で一括査定
  • 売り主側の悩みをサポート
総合評価 評価5
使いやすさ 評価5
掲載情報量 評価4.5
イエイをおすすめする理由
  • 売却初心者でも安心の売り手の悩みのサポートが万全
  • イエローカード制度で悪徳業者の排除で優良会社との出会いの確立を上げてくれている
  • 不動産種別が12種類と査定できる種別が多いのも特徴で投資家向けの対応までできる

 

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

媒介販売による不動産売却のメリット
不動産売却に伴う確定申告の手続き
不動産売却は手数料で選択するとは
不動産売却の時の査定は一括と訪問がある
不動産売却する際にかかる費用は把握しておく
不動産売却では所得税がかからない特例を活用
不動産売却するには仲介手数料が必要だけど制限範囲内で
不動産売却は流れを把握することが大切です
不動産売却に必要となる諸費用の内訳とは
不動産売却を考えるならまず相場を調べよう
一括査定から不動産売却までの流れ
不動産売却を行う場合に適切な業者を選ぶ方法
不動産売却時に知っておくべき住民税について
不動産売却はその理由を明確にすることが大事
経費はかかっても不動産売却は各専門家に依頼を
不動産売却には特別控除を活用するのがおすすめです
不動産売却に伴う固定資産税の処理
不動産売却にかかる登記費用の内訳とは
不動産売却は控除を活用していくとは
不動産売却の会社選びのコツと業者に対して不信感がある場合の対策
実家の相続した不動産売却でトラブルを防ぎたい
不動産売却において取得費を計算する
不動産売却のタイミングは引越しシーズンと築年数から判断
不動産売却で押さえておきたいおすすめポイント