不動産売却するには仲介手数料が必要だけど制限範囲内で

不動産売却するには仲介手数料が必要だけど制限範囲内で

記事のイメージ画像

不動産売却をするには、いろんな難しいルールが存在し、そのための専門知識と処理するための様式と手順が要求されます。

そのため誰でも安易に直接売買が難しく、免許を持った専門家に依頼をする必要があります。もちろん商売なのでその際には報酬として仲介手数料というのが発生することとなります。

 

 

仲介手数料は売り主と買い主からいただけます

不動産売却税金不動産売却税金
不動産売却をするためには専門知識とそのための処理能力が必要になります。

不動産を売買する場は、厳密にはその気になれば自分単独でも行うことは可能ですが、いろいろ難しい処理が要求されるので、ほとんどの人は専門家に依頼をする必要があります。

その専門家は宅地建物取引主任者という資格を有しています。 彼らは商売としてやっていますので報酬というのを支払う必要が発生します。その報酬が仲介手数料という名目で支払われることになります。

この仲介手数料は売却を依頼した売り主からいただくことになります。そして売却成立が成立した場合は買い主からもいただくことが可能となっています。つまり契約成立した際は2人から手数料をもらえることになります。

 

 

仲介手数料は無制限にその報酬はもらえないように設定されている

不動産売却イメージ

仲介業者にたいして不動産売却が終結した場合の報酬となる仲介手数料は無制限に価格設定が行政により禁止されています。

 

無制限な価格の設定を禁じられている理由は、立場を利用してのぼったくりを防止するためとなります。そのぼったくりを禁止されているため、免許を持った不動産屋さんは行政が設定した上限内で商売をしなければなりません。

 

行政が設定した上限の仲介手数料は土地や建物の売却価格で決まります。その手数料は3段階に設定されていて、200万円以下、200万円から400万円まで、400万円以上の3段階となっています。
具体的には200万円までが5パーセント、200から400万円までが4パーセント、400万円以上が3パーセントとなります。そしてそれに消費税を課税します。

 

 

仲介手数料の計算方法に注意すること

不動産売却イメージ
ここで注意はその不動産売却の仲介手数料の計算がクセモノだということです。

 

例えば1000万円を売買の手数料上限は、400万円超だから1000万円に3パーセントと消費税を直接課税ではありません。上限めいっぱいの計算だと、200万円まで5%を課税し、さらに201から400万円まで200万円分を4%課税し、601万円から1000万円まで400万円分を3%課税の計算方法が許されてます。その合計に消費税が課税されます。
そのため出てくる金額に差が生じるので注意となります。この1000万円の場合だと一律3パーセント計算だと消費税課税前は30万円ですが、先の複雑な計算だと36万円となり、6万円の差となってしまいます。それに消費税が課税されるので課税後は消費税8パーセントだと64000円高くなります。

 

 

不動産売却するには仲介手数料が必要だけど制限範囲内でのまとめ

この不動産売却をするには専門家に依頼なので仲介手数料が発生しますが、これは売り主と買い主からの両方からもらえることになります。しかしその手数料の上限の計算方法は少々複雑難解なのでトラブルにならないように注意となります。

 

家を高く!早く売るにはまず査定額をチェックすべし

イエイ不動産売却査定

イエイ査定サイトのおすすめポイント
  • イエイの利用者は国内トップクラスであるため、不動産売却に関するノウハウはお墨付き
  • 利用者側をとことんサポート。相談も気軽に出来る仕組みになっています。
  • 悪徳業者は排除されているので、優良な不動産会社からの査定を得られます。
総合評価 評価5
使いやすさ 評価5
掲載情報量 評価4.5
イエイをおすすめする理由
  • やはり一番は利用者側に寄り添ってサポート体制が整っている事
  • 不動産売却の知識が乏しくても相談ができるので安心
  • 優良会社かつ自分の物件にぴったりな業者とのマッチングが出来るようなシステム

 

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

媒介販売による不動産売却のメリット
不動産売却に伴う確定申告の手続き
不動産売却は手数料で選択するとは
不動産売却の時の査定は一括と訪問がある
不動産売却する際にかかる費用は把握しておく
不動産売却では所得税がかからない特例を活用
不動産売却は流れを把握することが大切です
不動産売却での必要書類は権利や売主の情報
不動産売却に必要となる諸費用の内訳とは
不動産売却を考えるならまず相場を調べよう
一括査定から不動産売却までの流れ
不動産売却を行う場合に適切な業者を選ぶ方法
不動産売却時に知っておくべき住民税について
不動産売却はその理由を明確にすることが大事
経費はかかっても不動産売却は各専門家に依頼を
不動産売却には特別控除を活用するのがおすすめです
不動産売却に伴う固定資産税の処理
不動産売却にかかる登記費用の内訳とは
不動産売却は控除を活用していくとは
不動産売却の会社選びのコツと業者に対して不信感がある場合の対策
実家の相続した不動産売却でトラブルを防ぎたい
不動産売却において取得費を計算する
不動産売却のタイミングは引越しシーズンと築年数から判断
不動産売却で押さえておきたいおすすめポイント