不動産売却では所得税がかからない特例を活用

不動産売却では所得税がかからない特例を活用

不動産売却税金

不動産売却をして利益が出ると、所得税がかかります。保有期間によって税金も変わるので、タイミングをずらす必要が出てきます。

買い替え特例等の税制を活用することで、本来かかる税金が非課税になることもあるので、チェックすると良いでしょう。

5年以内か超えているかで大きく異なる

不動産は、土地は減価償却はありません。ただ、建物は減価償却があります。つまりは価値の減少があります。

そのため、建物と土地で不動産売却をしたとき、通常は損が出るのが一般的です。買った金額よりも安く売れます。

でも、マンションなどは価値が下がりにくい場合があり、売却益が出る場合があります。その時には所得税がかかりますが、所有期間がどれくらいかによって所得の種類が変わります。

譲渡をした年の1月1日に5年以内の場合は短期譲渡所得、5年を超えていれば長期譲渡所得になります。

長期譲渡所得は所得を2分の1することができるので、短期で行うよりも税金が大きく変わる可能性があります。

買い替えをするときに使える仕組み

マンションは、定期的に改修工事などがあります。負担は辛いですが、これによって資産価値が維持されます。その時の景気の情勢などによっては、買値よりも高く売却できる場合があります。

不動産売却をして買い替えた時、所得税が得になるように計算される場合があります。買い替え特例と言われる制度で、買い替えの資産が高い時に譲渡所得が非課税になります。

本来かかるはずの所得税がかからなくなるので、かなりお得な税制と言えるでしょう。条件としては、10年以上所有していないといけないなどがあるので、9年目ぐらいの時は適用するかどうかも考えながら、次の物件探しなどをするとよいかもしれません。

一定額の利益を考慮しなくてよい

不動産売却税金

景気がいい時は、不動産の流通も良くなります。一方、あまりよくないときは、不動産もあまり取引されない場合があります。

国としても、不動産の取引が行いやすくなるような仕組みをいろいろ設定してくれています。

不動産売却をするとき、3千万円の控除が受けられる所得税の制度があります。通常は、5年以内だと短期譲渡所得になり、5年を超えると長期譲渡所得になります。5年を待って売却しようかどうかを考える人もいます。

この規定は、所有期間を問わない規定になります。短期の保有であっても利用できるので、買ってすぐ買い替えをしたい場合でも利用することができます。利益分の税金が不要になります。

不動産売却では所得税がかからない特例を活用のまとめ

不動産売却をして利益が出た場合、譲渡所得となり、所得税が課税されます。短期譲渡か長期譲渡かによって税金が変わるので、4年目ぐらいの時には少し待つ必要があります。買い替え特例等を適用してもらうこともあります。

 

不動産売却のスタート!査定額をチェック!

イエイ不動産売却査定

イエイ査定サイトのおすすめポイント
  • イエイの利用者は国内トップクラスであるため、不動産売却に関するノウハウはお墨付き
  • 利用者側をとことんサポート。相談も気軽に出来る仕組みいなっています。
  • 悪徳業者は排除されているので、優良な不動産会社からの査定を得られます。
総合評価 評価5
使いやすさ 評価5
掲載情報量 評価4.5
イエイをおすすめする理由
  • やはり一番は利用者側に寄り添ってサポート体制が整っている事
  • 不動産売却の知識が乏しくても相談ができるので安心
  • 優良会社かつ自分の物件にぴったりな業者とのマッチングが出来るようなシステム

 

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

媒介販売による不動産売却のメリット
不動産売却に伴う確定申告の手続き
不動産売却は手数料で選択するとは
不動産売却の時の査定は一括と訪問がある
不動産売却する際にかかる費用は把握しておく
不動産売却するには仲介手数料が必要だけど制限範囲内で
不動産売却は流れを把握することが大切です
不動産売却での必要書類は権利や売主の情報
不動産売却に必要となる諸費用の内訳とは
不動産売却を考えるならまず相場を調べよう
一括査定から不動産売却までの流れ
不動産売却を行う場合に適切な業者を選ぶ方法
不動産売却時に知っておくべき住民税について
不動産売却はその理由を明確にすることが大事
経費はかかっても不動産売却は各専門家に依頼を
不動産売却には特別控除を活用するのがおすすめです
不動産売却に伴う固定資産税の処理
不動産売却にかかる登記費用の内訳とは
不動産売却は控除を活用していくとは
不動産売却の会社選びのコツと業者に対して不信感がある場合の対策
実家の相続した不動産売却でトラブルを防ぎたい
不動産売却において取得費を計算する
不動産売却のタイミングは引越しシーズンと築年数から判断
不動産売却で押さえておきたいおすすめポイント