不動産売却する際にかかる費用は把握しておく

不動産売却する際にかかる費用は把握しておく

不動産売却

不動産売却を考える時には売却額やいくら利益が出ているかにもよりますが、仲介手数料と税金は想像以上に高額にかかってきます

仲介手数料は、仲介パートナーである不動産業者へ支払う費用です。(売却価格×3%+6万円)×消費税率で計算できます。

その他の税金に関しても事前に下調べをしておくことが大切です。

仲介手数料は必要に応じて値段交渉を

不動産売却

仲介手数料は成功報酬です。もしも、不動産売買契約がまとまらなかった場合には支払う必要がないお金です。

また、不動産業者によって、手数料半額などの割引を行っている場合もあります。仲介手数料が高いと感じる時には、仕方ないと諦めるのではなく手数料の値段交渉してみるというのも一つの方法です。

その場合注意点があります。必ず業者との仲介契約前に仲介手数料安くしてくれたら、考えるといった形で交渉を試みてみると良いでしょう。

また_印紙税もかかります。収入印紙を購入し、不動産売買契約書に貼って印鑑で消印をします。契約書を買主・売主1通ずつ複数作る場合はそれぞれに印紙を貼る必要もある大切な費用です。金額は契約書の記載金額によって決められています。

不動産に抵当権が設定されている場合は必要な費用

売却する不動産を担保に借り入れをしている場合の費用が更にかかるので知っておきましょう。

その場合借入銀行が土地や家、マンションに抵当権を設定しています。不動産を担保に銀行がお金を貸してくれたので、万が一ローン返済が滞った場合銀行はその担保不動産を自由に差し押さえ売却等ができます。

抵当権付きの不動産物件を買う人はいません。売却時には借入金を全額返済して、抵当権を抹消する必要が出てきます。

抵当権の抹消登記は銀行はやってくれませんので注意が必要です。

不動産1個につき 1000円という手数料ですが、司法書士等の代理人に登記を依頼する場合においては、更に、約5千~1万円の手数料がかかります。

不動産売却の基本ローンの返済

不動産売却

売却作業の中で大切なことです。購入時に住宅ローンを組んで物件を手に入れた方も多いでしょう。その場合は、売却時は住宅ローンを必ず全額返済してから不動産売却をしなくてはなりません。

その理由は抵当権を抹消しなければいけないからです。全額繰上げ返済を希望する日にちを銀行へ申し出ると、必要な費用をすぐに計算してくれますので申し出てみましょう。

そして繰り上げ返済を行う場合には更に手数料がかかります。一般的には5000円程度というところが多いですが、固定金利を利用していた場合などには数万円かかる場合もあるので注意が必要です。

そして、不動産売却したときにかかる譲渡益課税は、利益により住民税と所得税がかかります。利益が出ていなければ、税額は0円ですし、基本的には申告も不要です。

不動産売却する際にかかる費用は把握しておくのまとめ

不動産売却を考える際にはまずは自分でいくらくらいで売却できそうか調べておくことがまず大切です。

ある程度の相場を自分でも知っておかないと後悔することになります。

価格相場が分かったら、次にその価格で売却したと仮定した時の税金額を計算しておきましょう。想像していたよりも費用がかかることもあるので、簡単な計算式などのツールを利用しながら事前に準備,把握をしておくだけで後で慌てなくてすみます

 

あなたの家の相場価格をチェックしてみる!

イエイ不動産売却査定

イエイ査定サイトのおすすめポイント
  • 自分の物件にピッタリ合う高機能自動マッピング!それにより売却活動が非常にスムーズかつ家を高く売れるよう努力してくれる業者さんと巡り合える確立が高い。
  • 最大6社に一括で査定依頼が可能。
  • 分譲マンションや、戸建て、土地、店舗や工場、農地とほぼ全不動産種別で査定が可能。
総合評価 評価5
使いやすさ 評価5
掲載情報量 評価4.5
イエイをおすすめする理由
  • 個別相談デスクは売却初心者にとても便利
  • 営業がしつこい不動産会社に対する対処も心強い
  • 地域選択で自分の物件に相性の良い不動産業者とのマッチングに期待が大きい

 

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

媒介販売による不動産売却のメリット
不動産売却に伴う確定申告の手続き
不動産売却は手数料で選択するとは
不動産売却の時の査定は一括と訪問がある
不動産売却では所得税がかからない特例を活用
不動産売却するには仲介手数料が必要だけど制限範囲内で
不動産売却は流れを把握することが大切です
不動産売却での必要書類は権利や売主の情報
不動産売却に必要となる諸費用の内訳とは
不動産売却を考えるならまず相場を調べよう
一括査定から不動産売却までの流れ
不動産売却を行う場合に適切な業者を選ぶ方法
不動産売却時に知っておくべき住民税について
不動産売却はその理由を明確にすることが大事
経費はかかっても不動産売却は各専門家に依頼を
不動産売却には特別控除を活用するのがおすすめです
不動産売却に伴う固定資産税の処理
不動産売却にかかる登記費用の内訳とは
不動産売却は控除を活用していくとは
不動産売却の会社選びのコツと業者に対して不信感がある場合の対策
実家の相続した不動産売却でトラブルを防ぎたい
不動産売却において取得費を計算する
不動産売却のタイミングは引越しシーズンと築年数から判断
不動産売却で押さえておきたいおすすめポイント