不動産売却の時の査定は一括と訪問がある

不動産売却の時の査定は一括と訪問がある

不動産売却

不動産を売却したいとき、まずは業者の選定が必要です。一括で行ってもらえば、どの業者がどれくらいの価格を出すかなどがわかります。訪問によってより細かく見てもらうことができ、売値の参考値を出すことができます。

一括サービスを利用すると相場がわかる

インターネットで一括見積ができるサービスがあります。保険料や引越しや車など、その他いろいろなジャンルでその業種の業者から査定してもらえます。

メリットとしては、どのくらいの価格で売れるかその相場がわかることでしょう。これくらいで売れるといいなという希望額はすぐ出せても、どのくらいで売れるのかはわからないものです。

不動産売却をするときの査定は、一括サービスの利用がいいでしょう。物件の立地や建物の情報を入力すると、それを元に各業者が行ってくれます。

そして、そこから情報を読み取る事ができます。高すぎる所、安すぎるところは参考にならないことももありますが、中間ぐらいで多くの業者が出している金額が大体の相場と見ることができるでしょう。

買取を選ぶのか仲介を選ぶのかで変わる

不動産売却

相続で実家を売却するとき、基本的には自分たちが住むわけではありません。自分たちが住んでいるなら、いつまでに売却しないといけないなどの期限がありますが、住んでいない家であればいつでも好きな時に売れます。

ただ、のんびりと構えていると、どんどん価値が下がってしまう事や管理維持費がかかるということを忘れてはなりません。

不動産売却においては、まずは仲介をしてもらうのを前提で査定をしてもらいます。直接買主を探してもらって売却をする方法です、仲介手数料はかかりますが、高めに出してもらえます。どうしても直ぐに現金化したい場合は、買取のための査定をしてもらいます。これは、不動産会社に買取ってもらう金額で、仲介に比べるとかなり安くなってしまいます。

机上で行う方法と訪問で行う方法

不動産売却

中古自動車などの金額を見てもらうとき、ネットから入力する情報を元に一定額が提示されます。

この時は、車種や走行距離などの基本情報のみで出しています。実物を見て行っているわけではありません。

不動産売却においても一括で見てもらうことがありますが、立地や物件の種類等が中心で、細かいチェックはされていません。家の傷みなどがあっても、それらは反映されません。

それに対して、実際に訪問をしてチェックする方法の場合は、家の様子などを見て総合的に行ってくれます。机上で行うよりも訪問をしてもらった方が安くなることもありますが、より実態に合致した金額を知ることができます。

不動産売却の時の査定は一括と訪問があるのまとめ

不動産売却

不動産売却においては、一括で行ってくれる査定で相場がわかります。その査定額をからこの周辺で同じような物件がどれくらい人気があるかがわかります。一括の場合は机上で行いますが、訪問してもらうことでより細かい金額を出してもらえます。

 

 

まずは今の家の査定価格をチェックしてみる!

イエイ不動産売却査定

イエイ不動産売却査定の評価ポイントt

日本最大級の利用実績を持つイエイ不動産査定サイトは2008年創立の老舗サイトです。取扱エリアも北海道から沖縄まで全国!
イエローカード制度も特徴の一つ。しつこい営業をする不動産会社は排除しています。不動産売却初心者に安心、個別相談もありサポート力が非常に高いサイトです。

総合評価 評価5
使いやすさ 評価5
掲載情報量 評価4.5
イエイをおすすめする理由
  • 主要大手から地域密着型の中小まで不動産業者を網羅しています。
  • 優良業者との提携
  • 日本屈指の業者比較サイトで安心

 

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

媒介販売による不動産売却のメリット
不動産売却に伴う確定申告の手続き
不動産売却は手数料で選択するとは
不動産売却する際にかかる費用は把握しておく
不動産売却では所得税がかからない特例を活用
不動産売却するには仲介手数料が必要だけど制限範囲内で
不動産売却は流れを把握することが大切です
不動産売却での必要書類は権利や売主の情報
不動産売却に必要となる諸費用の内訳とは
不動産売却を考えるならまず相場を調べよう
一括査定から不動産売却までの流れ
不動産売却を行う場合に適切な業者を選ぶ方法
不動産売却時に知っておくべき住民税について
不動産売却はその理由を明確にすることが大事
経費はかかっても不動産売却は各専門家に依頼を
不動産売却には特別控除を活用するのがおすすめです
不動産売却に伴う固定資産税の処理
不動産売却にかかる登記費用の内訳とは
不動産売却は控除を活用していくとは
不動産売却の会社選びのコツと業者に対して不信感がある場合の対策
実家の相続した不動産売却でトラブルを防ぎたい
不動産売却において取得費を計算する
不動産売却のタイミングは引越しシーズンと築年数から判断
不動産売却で押さえておきたいおすすめポイント