不動産売却で押さえておきたいおすすめポイント

不動産売却で押さえておきたいおすすめポイント

維持費や管理が大変なため、相続した不動産を売約する方も増えています。ところが、不動産売却は長い人生の中でもそう度々行いませんから、高値売却に向けた伸びしろを見逃してしまう場合も少なくありません。そこで、不動産売却を成功に導くおすすめポイントをご案内します。

高値を目指す時の売却方法と契約方式

住まいなどの不動産を手放す方法には、不動産会社へ直接売却する買取もありますが、高値を目指すなら仲介販売がおすすめです。仲介販売なら、ある程度自由に売り出し価格を決められますから、物件に自信がある場合は、相場よりも高い強気の価格設定で売り出すこともできるのです。また、仲介販売の契約先を1社の不動産会社に絞ることができ、自分で買主を探す予定がない場合は、専属専任契約を結ぶのをおすすめします。自分でも買主を見付けるつもりなら専任契約の方が良いのですが、専属専任契約なら不動産会社が最も販売活動に取り組んでくれるのがポイントです。

五感で好印象を感じてもらうのが大切

仲介販売で不動産売却を行う時は、実際に営業活動をしてくれる担当者に、好印象を持ってもらうのが大切です。「この物件なら良い値段で売れる」といった直感や、「是非売りたい」と感じてもらいますと、より理想的な不動産売却に取り組めます。そこで、不動産会社の担当者が訪問査定に訪れる際、事前に掃除や片づけを済ませておき、宅内を綺麗にするのが肝心です。また、家のニオイは家族の者には把握しにくいですが、来訪者は敏感に分かりますので、査定前は窓を開けてシッカリ換気を済ませておきましょう。もしもペットを飼っていたり、喫煙している場合は、消臭剤なども活用してクリーンな居住空間を演出するのがおすすめです。

高く買ってもらうためには事前の準備が不可欠

記事のイメージ画像

人は潜在的に陰気を嫌いますから、宅内の明るさをキープしておくのもポイントです。カーテンを開けて極力採光に努めるほか、浴室やお手洗いなども含めまして、昼間でも電気を点けて明るくしておきましょう。電球が古い場合なら、新しい物に取り替えるのもおすすめです。それらのポイントは仲介販売がスタートして、購入希望者の方が見学に訪れた際も有効ですので、同様に行って、物件の良さをアピールしましょう。購入希望者の方は数千万円という高額な買い物をする訳ですから、些細な点も敏感にチェックすることを踏まえ、浴室やお手洗いといった水回りをピカピカにして清潔感を演出することも欠かせません。さらに障子やふすまが傷んでいる場合、くたびれた印象を与えますので、見栄え良く補修しておくのがおすすめです。

まとめ

高値を目指すなら、不動産売却は仲介販売がおすすめですが、担当者に売れる自信を与えるためにも、訪問査定の前に片づけや換気を済ませておくのがコツです。また、仲介販売の開始後、購入希望者が見学に訪れる時も同様ですので、部屋を綺麗にするのはもとより、水回りは特にピカピカにして清潔感をアピールしましょう。購入者は高額な高い買い物をする訳ですから、好印象を持ってもらうのが成功の秘訣です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

媒介販売による不動産売却のメリット
不動産売却に伴う確定申告の手続き
不動産売却は手数料で選択するとは
不動産売却の時の査定は一括と訪問がある
不動産売却する際にかかる費用は把握しておく
不動産売却では所得税がかからない特例を活用
不動産売却するには仲介手数料が必要だけど制限範囲内で
不動産売却は流れを把握することが大切です
不動産売却での必要書類は権利や売主の情報
不動産売却に必要となる諸費用の内訳とは
不動産売却を考えるならまず相場を調べよう
一括査定から不動産売却までの流れ
不動産売却を行う場合に適切な業者を選ぶ方法
不動産売却時に知っておくべき住民税について
不動産売却はその理由を明確にすることが大事
経費はかかっても不動産売却は各専門家に依頼を
不動産売却には特別控除を活用するのがおすすめです
不動産売却に伴う固定資産税の処理
不動産売却にかかる登記費用の内訳とは
不動産売却は控除を活用していくとは
不動産売却の会社選びのコツと業者に対して不信感がある場合の対策
実家の相続した不動産売却でトラブルを防ぎたい
不動産売却において取得費を計算する
不動産売却のタイミングは引越しシーズンと築年数から判断