実家の相続した不動産売却でトラブルを防ぎたい

実家の相続した不動産売却でトラブルを防ぎたい

近年問題となっているのが不動産相続です。高齢者の増加に伴い古くなった住宅を相続することも少なくありません。不動産を売りたいと希望する方も多いです。売却時に起こりやすいトラブルを避けるために注意をしましょう。

古い住宅を相続して売却するための努力

相続で古くなった住宅を売却する方は多いです。相続しても住む住宅があったり、遠い場所にあって住むことが困難な方です。相続した住宅は、古く修繕箇所も多くすぐには住める状態ではないこともあります。周辺に迷惑な雑草やゴミ問題もあります。トラブルになりやすいです。しかし、売却するためには住宅の中にある遺品整理をしなければなりません。売却するための準備が必要です。買い手が見つかりやすいように綺麗にする必要はあります。綺麗に売り物件にすることが困難です。遺品整理や住宅の修繕等が困難な物件もあります。相続で譲り受けた物件まで行くこともできない方もいます。

相続した住宅を売り物件にするために

物件まで行かれない方や遺品整理に困難を要する方も少なくありません。そんな場合には、専門業者に依頼することをおすすめします。近年では、遺品整理専門や何でも屋みたいに整理してくれる業者が多数あります。無理をせず早めに依頼しましょう。住宅の中を片付けるのことが重要です。荷物をなくさないと売却は難しいです。その次に修繕箇所を修理しましょう。特に雨漏りは注意したいです。売却しやすくなったら不動産会社に依頼しましょう。早めに手放したいと希望するなら買取専門業者の利用もおすすめします。買取可能物件は買取してくれます。

不動産売却までの流れと最終手段

記事のイメージ画像

不動産売却の準備ができたら売ります。不動産会社に依頼すると全ての手続きをしてくれます。売れるまで待ちましょう。売るための努力もしましょう。不動産買取専門業者の依頼もおすすめですが、掲示板などで宣伝もできます。独自で不動産売却もできます。しかし、トラブルを防ぐために契約は不動産会社に任せた方が良いでしょう。トラブルになりやすいのは、水周りの水漏れ、雨漏り、シロアリなどです。十分に点検して売却しましょう。早く売るために安く設定することも良いでしょう。周辺の住民への配慮も必要です。一言挨拶をしておくと良いでしょう。

まとめ

相続で住宅を譲り受けることもあります。その場合は管理が大変です。管理ができない不動産は売却をしましょう。住宅は、年々老朽化していきます。使用しない住宅は、早めに売却するか譲りわたすことをおすすめします。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

媒介販売による不動産売却のメリット
不動産売却に伴う確定申告の手続き
不動産売却は手数料で選択するとは
不動産売却の時の査定は一括と訪問がある
不動産売却する際にかかる費用は把握しておく
不動産売却では所得税がかからない特例を活用
不動産売却するには仲介手数料が必要だけど制限範囲内で
不動産売却は流れを把握することが大切です
不動産売却での必要書類は権利や売主の情報
不動産売却に必要となる諸費用の内訳とは
不動産売却を考えるならまず相場を調べよう
一括査定から不動産売却までの流れ
不動産売却を行う場合に適切な業者を選ぶ方法
不動産売却時に知っておくべき住民税について
不動産売却はその理由を明確にすることが大事
経費はかかっても不動産売却は各専門家に依頼を
不動産売却には特別控除を活用するのがおすすめです
不動産売却に伴う固定資産税の処理
不動産売却にかかる登記費用の内訳とは
不動産売却は控除を活用していくとは
不動産売却の会社選びのコツと業者に対して不信感がある場合の対策
不動産売却において取得費を計算する
不動産売却のタイミングは引越しシーズンと築年数から判断
不動産売却で押さえておきたいおすすめポイント