不動産売却に伴う確定申告の手続き

不動産売却に伴う確定申告の手続き

不動産売却の上で確認しておきたい項目があります。まず真っ先に挙げたいのが現況と登記内容に違いはないかということです。例えば、増築をすると登記は変わってきます。現況と登記内容が違ってくると後々トラブルが発生しますので、確認が必要な項目です。

相続で不動産を得た時に行うこと

不動産売却確定申告

相続で不動産を得たなら、まず真っ先に行わなければならないのは相続登記です。相続登記とは名義人を相続した人に変更する手続きです。この手続きに期限はありませんが、相続登記をしなければ不動産売却はできません。

他にも相続登記をしなければならない理由があります。例えば、法定相続人が勝手に自分の持ち分を登記し不動産売却する、もしくは将来、相続人の一人が亡くなった場合、権利は配偶者や子供に行き渡るので、相続する人が増えてしまうといったデメリットが考えられます。ですので、相続登記は、相続で不動産を得た時から早い段階で行うようにしてください。

確定申告を行う理由と方法に関して

不動産売却確定申告

不動産売却をして売った値段が、取得費や経費等を差し引いて上回って売却利益を得た場合、税金がかかってきます。

毎年1月1日から12月31日までに得た所得を申告しなくてはなりません。この申告を確定申告といいます。

確定申告をする手順について

まず申告書を手に入れます。この時、自分はAの申告書なのかBの申告書なのか確認する必要があります。そして申告に必要な書類を準備します。

例えば給与所得や源泉徴収票、生命保険料控除証明書等がこれにあたります。そして申告書に記入し、提出するというのが一連の流れです。

不動産売却時にまつわる確定申告の必要性

不動産売却税理士

売却利益を得たのにも関わらず確定申告を行わなければどうなるかといいますと、まず延滞税というものがかかってきますので、必ず行うようにしてください。売却利益を得て確定申告を行うと譲渡所得税という税金を納めることになります。譲渡所得税とは課税譲渡所得と譲渡所得税の税率の乗法の責となります。確定申告の申告書作成において、収入と支出の全てを計算しなければならず、また譲渡所得税の計算は複雑です。収入にあたる部分は申告漏れがないと考えられますが、支出については申告漏れもあるかもしれません。そういった場合、納税額が増え損をしてしまいます。そうならないためにも税理士の方にお願いするのも一つです。

不動産売却に伴う確定申告の手続きのまとめ

以上、不動産売却による確定申告について述べてきましたが、売却することによって得られるものもあります。それは維持費が不要になるということです。この点も踏まえて不動産を売却するか否か、しっかり検討する必要があるかと考えます。

 

家の最新相場を今すぐチェックしてみる!

イエイ不動産売却査定

イエイ不動産売却査定の特徴

イエイ不動産査定サイトは自宅に居ながらにして最大6社までの査定価格を最短60秒で比較する事が可能。
運営実績10年の中で厳選されてきたこだわりの登録不動産会社です。
クレームが多い不動産会社はイエイの方から契約が解除できるので、イエイと提携の不動産会社は優良です。

総合評価 評価5
使いやすさ 評価5
掲載情報量 評価4.5
当不動産売却サポートサイトがイエイをおすすめできる理由
  • 1000社以上の厳選会社から最大6社選んでの一括査定
  • 比較が容易にできる!
  • 安心!イエイがトラブルを防ぐサポートをしてくれています。

 

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

媒介販売による不動産売却のメリット
不動産売却は手数料で選択するとは
不動産売却の時の査定は一括と訪問がある
不動産売却する際にかかる費用は把握しておく
不動産売却では所得税がかからない特例を活用
不動産売却するには仲介手数料が必要だけど制限範囲内で
不動産売却は流れを把握することが大切です
不動産売却での必要書類は権利や売主の情報
不動産売却に必要となる諸費用の内訳とは
不動産売却を考えるならまず相場を調べよう
一括査定から不動産売却までの流れ
不動産売却を行う場合に適切な業者を選ぶ方法
不動産売却時に知っておくべき住民税について
不動産売却はその理由を明確にすることが大事
経費はかかっても不動産売却は各専門家に依頼を
不動産売却には特別控除を活用するのがおすすめです
不動産売却に伴う固定資産税の処理
不動産売却にかかる登記費用の内訳とは
不動産売却は控除を活用していくとは
不動産売却の会社選びのコツと業者に対して不信感がある場合の対策
実家の相続した不動産売却でトラブルを防ぎたい
不動産売却において取得費を計算する
不動産売却のタイミングは引越しシーズンと築年数から判断
不動産売却で押さえておきたいおすすめポイント