不動産売却にかかる登記費用の内訳とは

不動産売却にかかる登記費用の内訳とは

不動産売却を売却するためには、買い主を見つけて売買契約書を取り交わした後に登記を実施します。売却の結果、得られる利益は取得価格から各種費用を差し引いたものとなります。したがって、一連の手続きを行なうために、発生する費用の内訳をしっておく必要があります。

不動産売却の際に登記が必要な理由とは

不動産を売買したら、登記をしておくのが通常です。権利の実体を第三者に主張するために必要な手段です。この手続をすること自体は義務ではありませんが、第三者に権利の主張をするためには行っておくべきです。なぜなら、所有権者として権利を行使するためには、名義人として登記されていることが必要となるからです。また、不動産登記法や民法の趣旨からも、登記上の権利者が実体と合致していることが望ましいと考えられます。不動産ローンを利用すると、保証会社が抵当権を設定しますので、どこからいくら借入れをしているかが公開され、誰でも閲覧できる状態となります。権利関係を明示するために、あえて公開する制度と言って良いでしょう。

売却するためには抵当権の抹消が必要です

不動産の売却に伴って、必要となる手続きは、売買を目的とした売主から買い主への所有権移転が最もポピュラーなものです。売買契約締結後、任意の第三者に所有権を主張するために必要です。一方、売主が住宅ローンを完済していない場合は、保証会社が抵当権設定がなされています。このままですと、不動産の価値が著しく低下している状態であるとともに、抵当権が実行されると不動産が競売されてしまいます。この状態のままでは、売りに出すことができませんので、売主は住宅ローンを完済した後に、抵当権の抹消登記をします。これによって、買い主は安心して不動産を購入することができます。

不動産登記に必要となる費用の内訳

記事のイメージ画像

不動産会社に支払う仲介手数料は、売買契約が成立したときだけ支払います。不動産の物件価格によって、業者が受け取ることができる上限価額が宅建業法によって規定されています。登記をするために必要な費用には、不動産の評価額によって決まる登録免許税と司法書士へ支払う報酬があります。尚、費用節約のために、申請書の作成を自分で行なうこともできますが、難易度が高いためお勧めできません。土地境界を明確にするためには、売主は測量を実施し、その費用を負担します。できるだけ高い価格で販売するためには、リフォームを実施するケースもあり、契約条項に更地による引き渡しなどの条件があれば建物の解体費用がかかります。

まとめ

不動産売却に伴い登記が必要となりますが、ここに至るまでには様々な費用がかかかっていることを見ていきました。不動産業者や司法書士に支払う費用や、その他、税金関係では譲渡税、登録免許税の支払いが必要となります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

媒介販売による不動産売却のメリット
不動産売却に伴う確定申告の手続き
不動産売却は手数料で選択するとは
不動産売却の時の査定は一括と訪問がある
不動産売却する際にかかる費用は把握しておく
不動産売却では所得税がかからない特例を活用
不動産売却するには仲介手数料が必要だけど制限範囲内で
不動産売却は流れを把握することが大切です
不動産売却での必要書類は権利や売主の情報
不動産売却に必要となる諸費用の内訳とは
不動産売却を考えるならまず相場を調べよう
一括査定から不動産売却までの流れ
不動産売却を行う場合に適切な業者を選ぶ方法
不動産売却時に知っておくべき住民税について
不動産売却はその理由を明確にすることが大事
経費はかかっても不動産売却は各専門家に依頼を
不動産売却には特別控除を活用するのがおすすめです
不動産売却に伴う固定資産税の処理
不動産売却は控除を活用していくとは
不動産売却の会社選びのコツと業者に対して不信感がある場合の対策
実家の相続した不動産売却でトラブルを防ぎたい
不動産売却において取得費を計算する
不動産売却のタイミングは引越しシーズンと築年数から判断
不動産売却で押さえておきたいおすすめポイント