経費はかかっても不動産売却は各専門家に依頼を

経費はかかっても不動産売却は各専門家に依頼を

記事のイメージ画像

親から不動産を相続した場合や、自分で購入した不動産であっても売却したいとなった場合、さまざまな手続きが必要となります。その手続きのなかには専門的な知識を要する物も多く、自力ですべてを行うのは困難です。

まずは不動産会社との契約取り交わし

不動産を売りたいとなったとき、まずは不動産売却にどんな経費が必要なのかをざっと知るところから、始めるのがいいでしょう。不動産会社にお願いして売ってもらえばいいといった具合に、いたって簡単に考えているとしたら、その考えは根底から覆されることになります。もちろん、不動産売却のスタートは不動産会社と契約を取り交わすところから始まるのですが、不動産会社に支払う仲介手数料が高いため、出費を抑えるために何とか自力で売却できないかと考える人もいるでしょう。とはいえ、専門的知識が必要なことだけに、まず無理だとあきらめた方が無難です。

法律の専門家との連携もありうる

不動産会社と契約を取り交わし、めでたく家が売れた場合には仲介手数料と税金が経費となるでしょう。この二つの経費は絶対に必要ではあるものの、不動産売却をする場合の出費のなかではもっとも高額になるものです。とはいえ、仲介手数料も税金も絶対に必要なことから、この費用をなしにするわけにはいきません。また、抵当権が設定されている不動産を売却する場合には、まず抵当権を抹消する必要があります。ここにかかる経費が抵当権抹消登記費用で、司法書士に頼んでやってもらうとスムーズに進みます。自分でやれなくはないものの、専門的知識が必要になるので、司法書士に頼んだ方がいいでしょう。

とにかくさまざまなお金がかかると心得よう

不動産を売却したら多額のお金が手に入るというイメージがありますが、実際にはさまざまな経費がかかり、おもっていたほどには手元に残らなかったというケースも多いものです。とはいえ、法律に従ってしなければならないことはしないといけませんので、何にどれほどの経費がかかるか、事前にしっかり確認しておくことが大事です。いくら経費が掛かったとしても、売却益を元に計算されていますので、経費の方が多くなるということはないと考えられます。結局のところ、不要な不動産であるならば売却した方が、すっきりするのではないでしょうか。

まとめ

親から相続したものの、空き家のまま放置しているとか、自分で買った不動産もつかわずじまいという場合には、売ってしまった方がすっきりするでしょう。不動産会社と契約し、司法書士の力を借りるなど、経費は掛かりますが、不動産売却が成功した暁に発生する経費ですので、手元にいくらかのお金は残ります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

媒介販売による不動産売却のメリット
不動産売却に伴う確定申告の手続き
不動産売却は手数料で選択するとは
不動産売却の時の査定は一括と訪問がある
不動産売却する際にかかる費用は把握しておく
不動産売却では所得税がかからない特例を活用
不動産売却するには仲介手数料が必要だけど制限範囲内で
不動産売却は流れを把握することが大切です
不動産売却での必要書類は権利や売主の情報
不動産売却に必要となる諸費用の内訳とは
不動産売却を考えるならまず相場を調べよう
一括査定から不動産売却までの流れ
不動産売却を行う場合に適切な業者を選ぶ方法
不動産売却時に知っておくべき住民税について
不動産売却はその理由を明確にすることが大事
不動産売却には特別控除を活用するのがおすすめです
不動産売却に伴う固定資産税の処理
不動産売却にかかる登記費用の内訳とは
不動産売却は控除を活用していくとは
不動産売却の会社選びのコツと業者に対して不信感がある場合の対策
実家の相続した不動産売却でトラブルを防ぎたい
不動産売却において取得費を計算する
不動産売却のタイミングは引越しシーズンと築年数から判断
不動産売却で押さえておきたいおすすめポイント