不動産売却はその理由を明確にすることが大事

不動産売却はその理由を明確にすることが大事

不動産売却には、タイミングが大切ですが、様々な要因があり最適な時期は個人によっても違ってきます。また、買い主は売主の売却理由が知りたがるものです。できるだけ相場価格に近い値段で売りたいのであれば、買い主が納得する情報提供をする必要があります。

早く売却したい方は売却理由を明確にすることから

手持ちの不動産を売却するために、不動産業者に仲介してもらい販売価格を決めて、やっと見つけた買い主との間で売買契約を締結するまでには、様々な手続きを経る必要があります。その中でも宅建業法で定められている重要事項説明の中で、不動産に関する重要な情報を開示しなければなりません。特に入居上の問題点や瑕疵がある場合は、ここで伝えて買い主の納得を得る必要があります。もし、重大な欠陥に関する情報を伝えず、後に発覚した場合は、契約解除の理由になるとともに最悪の場合、損害賠償の対象となりえます。また、売主がその不動産を、なぜ売ろうと決意したのか知りたいと希望する場合もあります。

買い主の購買意欲が低下する売却理由

不動産売却の理由を説明する際に、理由しだいでは買い主の購買意欲が低下してしまう可能性があります。例えば、すぐにお金が必要だとか、生活環境が変化した、より良い家に住みたい、相続したが使わないから等、聞いてみて納得のいく内容であれば特に問題はありません。しかし、建物に欠陥があって気に入らない、古くなったので引っ越ししたい、事故が起きたことがある等、不動産価値を低下させるような理由であるときは、人によっては買いたい気持ちが失せてしまうかもしれません。ネガティブに捉えられる可能性がある情報に関しては、事前に不動産業者に相談して売買価格を下げるなど対策を立てる必要があります。

売却タイミングをどう捉えるかも重要

お金が必要でなるべく早く売りたいとしても、買い主が現れないと売却しようがありません。かといって、早く買い主を見つけるために、相場価格よりも安くしすぎても損になります。また、早いタイミングで売った方が得策と判断できる理由は、その他にもあります。たとえば、マイホーム特例を考慮すると済まない状態から3年以内に得る必要があります、売れない間は建物が古くなり資産価値が減少する事情もあります。メンテナンス費用もかかりますので、できるだけ早く手放したいと考えるケースも少なくありません。築20年もしくは25年を経過すると、税制上の軽減措置が受けられなくなる場合がありますので注意が必要です。

まとめ

不動産売却を検討する場合、買い主から売却を決めた理由を聞かれる可能性が高いと言えます。ネガティブに捉えられる可能性がある理由がある場合は、不動産業者と相談上で売却価格を変更する必要があるかもしません。また、できるだけ高く売りたいのであれば、売却タイミングを考慮すべきことにも触れました。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

媒介販売による不動産売却のメリット
不動産売却に伴う確定申告の手続き
不動産売却は手数料で選択するとは
不動産売却の時の査定は一括と訪問がある
不動産売却する際にかかる費用は把握しておく
不動産売却では所得税がかからない特例を活用
不動産売却するには仲介手数料が必要だけど制限範囲内で
不動産売却は流れを把握することが大切です
不動産売却での必要書類は権利や売主の情報
不動産売却に必要となる諸費用の内訳とは
不動産売却を考えるならまず相場を調べよう
一括査定から不動産売却までの流れ
不動産売却を行う場合に適切な業者を選ぶ方法
不動産売却時に知っておくべき住民税について
経費はかかっても不動産売却は各専門家に依頼を
不動産売却には特別控除を活用するのがおすすめです
不動産売却に伴う固定資産税の処理
不動産売却にかかる登記費用の内訳とは
不動産売却は控除を活用していくとは
不動産売却の会社選びのコツと業者に対して不信感がある場合の対策
実家の相続した不動産売却でトラブルを防ぎたい
不動産売却において取得費を計算する
不動産売却のタイミングは引越しシーズンと築年数から判断
不動産売却で押さえておきたいおすすめポイント