不動産売却時に知っておくべき住民税について

不動産売却時に知っておくべき住民税について

記事のイメージ画像

不動産売却をすることはそうあることではなく、初めてという人が大半ではないでしょうか。大きな金額が絡むこともあり、慎重になるのは当然のことです。住民税や所得税により残る金額には違いが生まれるということも頭に置いておく必要があります。

住民税などが発生するケースとは

不動産売却をしたら必ず住民税や所得税が発生すると考えている人もいますが、不動産売却をしたからといって必ずしも必要となるものではありません。不動産を購入した金額よりもかなり高額で売却できた時に住民税や所得税が発生する可能性があります。近年では不動産の値上がりが起きることはそう頻繁にはないことから、住民税や所得税が発生しないと考えてしまいがちですが、税制の仕組みとして売却益が出た場合は住民税と所得税が課税される ことになっています。しかし個人の居住用財産に限り、なるべく税金が発生しないようにいろんな特例が設けられているので心配はいりません。

様々な税金の発生するタイミング

課税譲渡所得金額がプラスになる場合には、住民税と所得税、そして復興特別所得税が発生することになります。売却した翌年の三月十五日までに確定申告を行うことがルールとなっており、税金を納めることになっています。住民税は、税務署に申告した場合はその申告書の内容が市区町村に回ることになるので、手続きとしては確定申告のみで問題はなくそのほかに手間がかかることはありません。住民税は翌年の六月からの納付です。どのタイミングで発生するのかということを理解しておかないと、損をしてしまう可能性もあるのでよくタイミングを見計らいましょう。

不動産物件の所有期間と税金とは

同じ物件ならば、早い段階で手放した方が高額で売却することができると考えがちですが、あまりに早い段階で売却してしまうと税額が高くなってしまうということを頭に置いておかなくてはなりません。所有期間が短いほど税率を上げることによって、投機的取引を抑止するという目的と効果があります。早い段階で高額で売却し、税額も高い方を選ぶのかしばらく所有して売却額は下がっても税額が下がった方が良いのか、結果的にどちらか手元に残る金額が多くなるのかということをよく考え、手放すタイミングはよく考えてから決めるようにしましょう。

まとめ

住民税や所得税といった税額の発生の有無は、課税譲渡所得金額かプラスかマイナスかで決まることになります。複雑で難しいと感じてしまいがちですが、信頼できる不動産業者を見つけることから始めることが大切です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

媒介販売による不動産売却のメリット
不動産売却に伴う確定申告の手続き
不動産売却は手数料で選択するとは
不動産売却の時の査定は一括と訪問がある
不動産売却する際にかかる費用は把握しておく
不動産売却では所得税がかからない特例を活用
不動産売却するには仲介手数料が必要だけど制限範囲内で
不動産売却は流れを把握することが大切です
不動産売却での必要書類は権利や売主の情報
不動産売却に必要となる諸費用の内訳とは
不動産売却を考えるならまず相場を調べよう
一括査定から不動産売却までの流れ
不動産売却を行う場合に適切な業者を選ぶ方法
不動産売却はその理由を明確にすることが大事
経費はかかっても不動産売却は各専門家に依頼を
不動産売却には特別控除を活用するのがおすすめです
不動産売却に伴う固定資産税の処理
不動産売却にかかる登記費用の内訳とは
不動産売却は控除を活用していくとは
不動産売却の会社選びのコツと業者に対して不信感がある場合の対策
実家の相続した不動産売却でトラブルを防ぎたい
不動産売却において取得費を計算する
不動産売却のタイミングは引越しシーズンと築年数から判断
不動産売却で押さえておきたいおすすめポイント