一括査定から不動産売却までの流れ

一括査定から不動産売却までの流れ

不動産売却活動を有利な立場で進めるためには、事前に適切な市場価値を調べることや、セールス実績のある不動産会社と媒介契約を結ぶことが大切です。そうすれば大事な不動産を満足のいくかたちで売却することができます。

一括査定なら沢山の査定価格が分かる

マンションや一戸建てなどの売却をする場合は、最初に査定をします。だいたいの売却価格の目安を知るためです。査定には、机上査定と出張査定の二つがあります。電話やインターネットだけでできるのが机上査定です。不動産会社が、売却したい不動産と似たような条件の過去の不動産取引の結果から、簡易的な査定価格を出してくれます。オンラインでできる無料一括査定も机上査定の一種です。一括査定の場合は、複数の不動産会社から査定価格を示してもらえます。一つ一つの不動産会社に出向いたり電話をしたりする手間が省けるので便利です。

適切な価値を知るには出張査定が大事

机上査定で示してもらえる査定価格は、あくまでも目安です。しっかりと不動産の評価をしてもらうには、出張査定を依頼することが大切です。たとえば同じ年に建てられた同じ広さのマンションでも、しっかりメンテナンスをしていれば評価が高くなります。逆にメンテナンスを怠っていると評価が下がります。表面的なデータだけではわからないことを詳しく分析して、適切な査定価格を出してもらえるのが出張査定です。適切な市場価値を知ることは、不動産売却を成功させるために大事なことです。そうすればスムーズに取引を完了することが可能です。

売却が成功したら手数料が発生する

沢山出張査定をして相場を調べ、適切な評価をしてくれた不動産会社と媒介契約をします。媒介契約をすることで、不動産売却活動を不動産会社が代わりに行ってくれます。問い合わせがあった場合は不動産会社が窓口になって対応をしたり、売却がうまくいくように手助けしてくれるので、不動産売却の大事なパートナーです。そして取引がうまくいって売買契約が成立したら、見返りとして手数料を支払います。仲介手数料は売却した不動産の価格×3%+6万円が上限です。また、不動産売却によって利益が出た場合は、利益分に所得税が課税されます。

まとめ

ほとんどの人にとって、不動産取引は一生のうちに一度あるかないかの大事な出来事です。動くお金が大きい取引なので、焦って売却をすると大きな損をすることがあります。必ずじっくりと計画を練って、査定から売却までの流れを理解しておくことが大切です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

媒介販売による不動産売却のメリット
不動産売却に伴う確定申告の手続き
不動産売却は手数料で選択するとは
不動産売却の時の査定は一括と訪問がある
不動産売却する際にかかる費用は把握しておく
不動産売却では所得税がかからない特例を活用
不動産売却するには仲介手数料が必要だけど制限範囲内で
不動産売却は流れを把握することが大切です
不動産売却での必要書類は権利や売主の情報
不動産売却に必要となる諸費用の内訳とは
不動産売却を考えるならまず相場を調べよう
不動産売却を行う場合に適切な業者を選ぶ方法
不動産売却時に知っておくべき住民税について
不動産売却はその理由を明確にすることが大事
経費はかかっても不動産売却は各専門家に依頼を
不動産売却には特別控除を活用するのがおすすめです
不動産売却に伴う固定資産税の処理
不動産売却にかかる登記費用の内訳とは
不動産売却は控除を活用していくとは
不動産売却の会社選びのコツと業者に対して不信感がある場合の対策
実家の相続した不動産売却でトラブルを防ぎたい
不動産売却において取得費を計算する
不動産売却のタイミングは引越しシーズンと築年数から判断
不動産売却で押さえておきたいおすすめポイント