不動産売却に必要となる諸費用の内訳とは

不動産売却に必要となる諸費用の内訳とは

不動産売却をすることは長い人生の中でも一度あるかないかということもあり、いざ手放すとなれば諸費用がどれくらいかかるのかで悩むことになるのではないでしょうか。内訳をしっかりと理解しておくことが、失敗しない不動産売却のコツとなります。

諸費用は所有物件によって異なる

不動産売却時にはありとあらゆる費用の支払いが発生することになり売却額が手取り額にはならないということを頭に置いておかなくてはなりません。しかし一概に支払わなくてはならない金額がいくらとはいえません。違うマンションや一戸建て、土地はもちろんのこと同じマンションでも間取りや回数、部屋の位置が違うのでこの世に一つとして同じ物件は存在していないことになります。売りたい不動産物件がいくらで売れて諸費用を含む支払い費用がいくらになるのかは、自分自身で事前によく調べて理解しておくことが重要なポイントとなっています。

不動産売却時の諸費用の内訳について

まず仲介手数料が発生することになり、これは不動産売却を依頼した不動産業者に支払う金額となります。仲介手数料は上限が決められていますが、その範囲内ならば不動産業者が自由に決めることができるので、上限まで上げて設定している業者が大半となっています。交渉次第では下げてもらえる可能性もあるので交渉してみる価値はあるといえます。契約時に支払う諸費用には印紙税があります。印紙税は売買価格に応じて国で定められているので印税日は変えることができません。諸費用には帰ることができるものとできないものがあるということを理解しておくことが大切です。

不動産業者選びが重要なポイントとなる

諸費用や税金の支払い義務が発生するため、手取り額は当然少なくなってしまいますが、少しでも諸費用を抑えたいと考え調べるのは当然のことではないでしょうか。しかし諸費用をはじめとし不動産売却は難しく複雑な内容が多いので、素人が急に調べて理解できるものではない点も多いです。そういった点をカバーするためにも信頼でき任せられる不動産業者を選ぶことが大切になってきます。近年では無料で一括査定をすることもできるようになっているので、まずは複数に査定依頼をして担当者の対応を比較してみることから始めるべきといえます。

まとめ

不動産売却時にはありとあらゆる費用を支払わなくてはならず、複雑ということは確かです。諸費用をはじめとした出費がいくらになるのかということは、あらかじめ下調べをした上で信頼できる不動産業者に依頼しましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

媒介販売による不動産売却のメリット
不動産売却に伴う確定申告の手続き
不動産売却は手数料で選択するとは
不動産売却の時の査定は一括と訪問がある
不動産売却する際にかかる費用は把握しておく
不動産売却では所得税がかからない特例を活用
不動産売却するには仲介手数料が必要だけど制限範囲内で
不動産売却は流れを把握することが大切です
不動産売却での必要書類は権利や売主の情報
不動産売却を考えるならまず相場を調べよう
一括査定から不動産売却までの流れ
不動産売却を行う場合に適切な業者を選ぶ方法
不動産売却時に知っておくべき住民税について
不動産売却はその理由を明確にすることが大事
経費はかかっても不動産売却は各専門家に依頼を
不動産売却には特別控除を活用するのがおすすめです
不動産売却に伴う固定資産税の処理
不動産売却にかかる登記費用の内訳とは
不動産売却は控除を活用していくとは
不動産売却の会社選びのコツと業者に対して不信感がある場合の対策
実家の相続した不動産売却でトラブルを防ぎたい
不動産売却において取得費を計算する
不動産売却のタイミングは引越しシーズンと築年数から判断
不動産売却で押さえておきたいおすすめポイント